専用クリーム代わり?妊娠線予防にベビーオイルは効果があるの?

専用クリーム代わり?妊娠線予防にベビーオイルは効果があるの?

専用クリーム代わり?妊娠線予防にベビーオイルは効果があるの?

妊娠して、安定期になる頃になると、大きくなったお腹に体重も増え始め、そろそろ妊娠線が気になりだします。

 

お母さんは誰もが通る道ですが、妊娠線は一度出来てしまうとなかなか消えにくいもの。

 

出来る前からしっかりとケアしていきましょう。

 

今回は、妊娠線予防ベビーオイルが本当に効果があるのか、を取り上げたいと思います。

 

妊娠線とは何か?

妊娠線とは、妊娠によりお腹が大きくなる際に、皮膚表面に出る赤みを帯びた線の事を言います。

 

妊娠したことにより、子宮が大きくなり、その膨らみに皮膚の伸びが追いつけずに、真皮組織が断裂してしまっている状態です。

 

お腹だけではなく、乳房、おしりなどの脂肪が厚いところにできる可能性が高く、大体、妊娠中期〜後期に多く起こります。

 

線ができる際に、痒みを伴うこともあります。

 

出来やすさには個人差があり、皮膚の伸びやすさや体重の増え方、子宮の大きさなど、様々な要因があるのです。

 

妊娠線と肉割れの違いは何?同じもの?原因と改善方法

 

ベビーオイルとは?

本来、人間の肌は、皮脂が適度に出ることで表面を保護し、肌の水分が蒸発しないようになっているのです。

 

肌が乾燥してしまっていると皮脂が減ってしまうので、水分も蒸発しやすくなってしまい、余計に乾燥しやすくなるという悪循環を生みます。

 

ベビーオイルは肌の不足している皮脂代わりとなって肌表面に膜を作り、水分の蒸発を防ぐと同時に肌を保護してくれます。

 

妊娠線にベビーオイルは効果があるのか?

専用クリーム代わり?妊娠線予防にベビーオイルは効果があるの?

 

では、妊娠線の予防や対策に、ベビーオイルはどの様な効果があるのか説明していきます。

 

ベビーオイルは赤ちゃんも大丈夫な程に低刺激で、かつ他のオイルよりも保護する力は高いです。

 

コストパフォーマンスも良いために、非常に保湿オイルとしては使いやすいです。

 

もちろんお母さんが使っても体内に入る事も、血液に入る事もありません。

 

産前にお母さんが使用しても、胎児に影響は与えませんし、生まれた赤ちゃんと一緒に使っても大丈夫です。

 

赤ちゃんの肌の乾燥も防いでくれるので、一石二鳥ですね。

 

しかし、ベビーオイル自体は肌の保護と油膜の役割のものですので、妊娠線を予防・対策する保湿や浸透力などはありません。

 

妊娠線に対して使いたい場合は、保湿が一番のポイントとなるので、専用クリームと併用して利用するのが良いでしょう。

 

妊娠線の専用クリームは、予防だけでなく出来てしまった妊娠線の対策も出来ます。

 

肌深くまで水分を浸透させてくれるので、専用クリームでしっかりと保湿をした上で、ベビーオイルを皮脂代わりに油膜として肌の保護に使うのが一番良いですね。

 

ぜひ毎日のマッサージを日課にし、保湿と赤ちゃんとのコミュニケーションに充てるのも良いのではないでしょうか。

 

ニベアは肉割れに効果ある?ダイエットでできた肉割れ線を消すには

 

まとめ

妊娠線は出来てしまってからでは消すのが大変ですので、できる前にケアをして予防しまょう。

 

ベビーオイル単体では使わずに、妊娠線の専用クリームで保湿をしっかり行ってからベビーオイルで水分の蓋をする、と言う利用の仕方がオススメです。

 

毎日のケアで綺麗な産後を目指しましょう!

 

専用クリーム代わり?妊娠線予防にベビーオイルは効果があるの?