太っていないのに肉割れが!痩せ体型でも肉割れができるのはなぜ

太っていないのに肉割れが!痩せ体型でも肉割れができるのはなぜ

太っていないのに肉割れが!痩せ体型でも肉割れができるのはなぜ

肉割れと聞くと、急激に太った場合や妊娠中に起こるものというイメージを持たれる方は多いと思います。

 

しかし実は、肉割れは妊娠しておらず、太っていない人でも起こる事があるのです。

 

太っていないのに肉割れが起こる原因とは

始めにお話ししたように、肉割れは通常、急激な体重増加妊娠中に起こります。

 

これは、皮膚が引っ張られたことにより、その伸縮に耐えられなくなった皮膚が裂けてしまうことが原因。

 

これらの理由から考えると、太っていない人は起こらないように思いますが、実は他の理由で肉割れが起きてしまうこともあるのです。

 

痩せていて、体重の変化がないにも関わらず肉割れを起こしてしまう人の場合は、新陳代謝の低下によって肌のハリが衰え肉割れにつながるのです。

 

やせているのに膝や膝うらにも肉割れが!足に肉割れができる原因

 

肌の新陳代謝が衰えてしまうと、肌に必要な成分が全体に行き渡りにくくなります。

 

その結果、角質層の保湿や肌のバリア機能が低下してしまい乾燥しやすく、ハリのなくなった肌になってしまいます。

 

肌は普段は保湿によって弾力を保っています。

 

しかし、乾燥を起こしてしまった肌は弾力が弱まってしまい、伸縮性のない肌になり、太っていなくても肉割れを起こしてしまう原因を作ってしまうのです。

 

他の原因としては、日頃から運動不足の人が、急に過度な運動をする時は要注意。

 

運動不足なのに突然長距離を歩いたり、過度のスポーツを行うことにより、筋肉が急激に酷使されて肉割れが起きます

 

「激しい運動が逆効果!筋トレで肉割れができた時の改善法はある?」でも解説しています。

 

また、血流の低下によっても肉割れは起こります。

 

肉割れは、痩せているから関係がないと思うのは危険です。

 

太っていない場合の肉割れの予防や対策は

太っていないのに肉割れが!痩せ体型でも肉割れができるのはなぜ

 

まず、筋肉による肉割れの場合は、よほど急激なトレーニングをしない限りは日頃の運動不足が原因です。

 

健康の為にも日頃から適度な運動を心がけましょう。

 

運動は血流の促進にも繋がります。

 

また、血流の促進が運動でも改善しない場合は、しっかりと入浴したり、マッサージを行なってみましょう。

 

肉割れをマッサージで改善!肉割れ線を消すのに効果的なやり方は?

 

一番起こりやすい肌の乾燥による肉割れについては、とにかく保湿を怠らないことが一番の予防であり改善策です。

 

肉割れは一度出来てしまうと、薄くするのは非常に困難です。

 

なるべく肌の乾燥に気をつけて保湿をする事、出来る前の予防を心がけましょう。

 

肉割れが出来てもいないのに専用クリームまで必要?と思う人もいるかもしれませんが、出来れば専用クリームを利用するのが一番の予防になります。

 

肉割れ対策用のクリームは、通常のクリームに比べてお値段は高くなりますが、保湿成分などが違い、特に浸透力は通常のクリームとは全く異なります。

 

肉割れは肌の奥深くの部分の断裂により起こるので、浸透力はとても重要になるのです。

 

日頃から乾燥が気になる方は、肉割れ用のクリームを利用してみるのも良いでしょう。

 

専用クリーム代わり?妊娠線予防にベビーオイルは効果があるの?

 

まとめ

肉割れは、太っていない人でも起こる可能性があります。

 

肌の乾燥を始め、運動や血行不良などでも起こってしまうので、日頃から乾燥肌と感じている方は特に保湿を心がけてみましょう。

 

太っていないのに肉割れが!痩せ体型でも肉割れができるのはなぜ