激しい運動が逆効果!筋トレで肉割れができた時の改善法はある?

激しい運動が逆効果!筋トレで肉割れができた時の改善法はある?

激しい運動が逆効果!筋トレで肉割れができた時の改善法はある?

肉割れと聞くと、妊婦さんや太った人に起こると思いますよね?

 

実は筋トレでも肉割れが起こる事はあるのです!

 

肉割れは様々な原因で起こり得ますが、今回は筋トレが原因の肉割れについて説明したいと思います。

 

筋トレで何故肉割れが起きるのか

まず、肉割れが起きてしまうには条件があります。

  • 短期間の、急激な体重や体型の変化が起こる事
  • 真皮層や皮下組織が、断裂しやすい肌の状態にあること

この二つのどちらかが当てはまれば、肉割れは起きてしまいます。

 

筋力トレーニングの中でも負荷の大きい過酷なトレーニングや、短期間で体型を変化させるようなものなどは、肉割れを起こす原因になってしまうのです。

 

せっかく鍛え上げた体に、肉割れが入ってしまっては台無しです。

 

筋トレの仕方も肉割れしにくい方法を考えて行いましょう。

 

お尻の肉割れを消す方法!クリームでのケアが理想?!

 

肉割れしやすいタイプと注意点は?

では次に筋トレを行う人で、肉割れを起こしやすいタイプとそれぞれの注意点を説明します。

 

筋肉質タイプ

元々筋肉が付きやすく、ちょっとしたトレーニングでもすぐに筋肉が付き肥大化しやすいタイプの人です。

 

このタイプの人はアウターマッスルの筋繊維が肥大しやすい体質なので、高負荷のマシントレーニングや局所的なトレーニングは筋肉を付ける点だけを見ると、短時間で大きな効果がでます。

 

ですが、すぐに筋肉が付く人は体型の変化も大きいため、急激に大きくなる体に皮膚がついていけずに肉割れしてしまいます。

 

このタイプは少しづつ負荷を増やしていくようにして、少ない負荷で長くトレーニングをすることを心がけましょう。

 

時間をかけて筋肉を大きくしていく事を意識してくださいね。

 

ぽっちゃり体型タイプ

激しい運動が逆効果!筋トレで肉割れができた時の改善法はある?

 

男性に比べて女性の方が、肉割れに縁があるようなイメージを持っている方は多いと思います。

 

実際に女性の方が多いのですが、それは女性が張力に弱く、裂けやすい皮下脂肪を男性よりも多く持っているからなのです。

 

逆を言えば男性でもぽっちゃりしている方など、皮下脂肪の多いタイプは肉割れしやすいということになります。

 

つまり、皮下脂肪の付いている人が、ダイエットのために急に筋トレを始めると、肉割れが起きる可能性があるということです。

 

まずは筋トレをする前に、有酸素運動などでインナーマッスルを鍛えて皮下脂肪を減らしておき、肉割れを予防することが大切です。

 

「ダイエット肉割れを消す!急なダイエットで肉割れしない方法」も参考にしてください。

 

マッチョ体型を目指しているタイプ

ボディービルダーの様なマッチョ体型を目指している方も危険です。

 

このタイプの人は、筋肉を大きくしたいあまりハイペースでトレーニングを行う人が多いです。

 

急激に筋肉をつけることで肉割れが起こるのを防ぐためにも、トレーニングは必ず6ヶ月〜1年と長期的な計画を立てて行いましょう!

 

全てのタイプに共通して言えるのが肌の乾燥!

そして、今挙げた全てのタイプに共通して、肉割れの最大の原因と言えるのが肌の乾燥です!

 

表皮が乾燥している人は大抵その内側の真皮、皮下組織も乾燥しています。

 

この乾燥が何より大敵であり、肌が潤っている人は柔軟性や伸縮性も大きな差があります

 

保湿は全ての肉割れ予防の基本の中の基本なのです!

 

痛みのある肉割れは危険?肉割れで痒みや痛みを伴う理由はなに?

 

まとめ

肉割れは急激な筋トレでも起こります。

 

体型変化は長期間で、ゆっくりを心がけましょう!

 

激しい運動が逆効果!筋トレで肉割れができた時の改善法はある?